クリスマスツリー特価! 中ノ橋からの旧川徳 吉川保正 絵画+タペストリー



✳︎ヴィンテージ ✳︎トッポジージョのクッキージャーエレメント セット コベルコ SK210-8 #YN11 【O-873 F-810 A-403AB H-632(2個)】 トヨタ生活協同組合
所在 〒470-1201 愛知県豊田市豊栄町2丁目111番地
TEL 0565-28-5011 FAX 0565-28-4826
▼現在
役 員(常勤)
理事加藤 昭夫
副理事長清水 芳夫
常務理事池田  修・新実 修
理  中村 禎孝・松澤 廣信・谷内口 英樹
監 吉田 忠啓
▼以下、現在
●組合員数 279,068人
出資 985,424千円
●事業内容 組合員への物品供給事業および文化・教育活動による組合員の文化的、経済的生活向上を図る事業。
●総事業高 537億円〈第99期(2020年度)〉
職員 2,171人
職  員 763人
定時職員 1,408人
総代 500人
事業
ワンダースワン ウィザードリィ シナリオ1 狂王の試練場
店舗 19
工場・寮売店 92
工場・寮食堂 125
託児所食堂 3
本のメグリア(店舗内含む) 2
ワンピース マキシワンピ アメリカンブルー きれいめ 30代 40代 50代 着やせ 上品 大きいサイズ トールサイズあり opm7-090022 ノースリーブ マキシ丈 春夏秋
(便利屋サービス・メグリアペット美容室)
1
調剤薬局(店舗内含む) 4
ライスセンター1
サービスステーション4
ガスショップ1
セレモニーホール ランドセル 2023 モデルロイヤル ナチュール 天使のはね 女の子 人気 セイバン MR23G01 女の子 A4フラットファイル対応
カルチャーセンター(カルスポ)4
デイサービスセンター2
共同購入仕分センター1
生鮮加工センター1
給食センター3
総合事務所1
沿 

トヨタ自動車工業(株)挙母工場互助会として設立

 

トヨタ生活協同組合に名称変更

 

トヨタ自動車工業(株)より分離独立

 

創立50周年を機に、新名称MEGLiA(メグリア)を制定
メグリアのネーミングコンセプト

MEGLiAの語源は、イタリア語で「より良く」を意味するMeglio。
「良い状態へ」の毎日の工夫や努力を表す意味で名づけました。
また、日本語の「めぐりあい」という意味も、ここには込められています。

 

新シンボルマーク(メグリアバード)を制定

組合員の皆様のもとへ健康と明るさと活力をお届けするメグリアバード。

白い太陽と黄色のバックは健康と、明るい空間。
緑の大地。オレンジ色の「M」バードは、力強さと元気を表しています。

 

クリスマスツリー特価! 中ノ橋からの旧川徳 吉川保正 絵画+タペストリー

クリスマスツリー特価! 中ノ橋からの旧川徳 吉川保正 絵画+タペストリー

クリスマスツリー特価! 中ノ橋からの旧川徳 吉川保正 絵画+タペストリー
クリスマスツリー特価! 中ノ橋からの旧川徳 吉川保正 絵画+タペストリー
45cf6a1f6bb8d8b0179464397301609e-2250-sKN
44,400円 148,000円
現在、2名がこの商品を検討中です

商品説明

吉川保正
きっかわやすまさ【分類・彫刻家】
明治~昭和:明治26年~昭和59年(1893~1984)
数々のブロンズ像を郷土に残した重茂出身の彫刻家

陸中海岸のシンボル像「うみねこと乙女」藩政時代の三閉伊一揆の指導者田野畑太助と切牛弥五兵衛の一揆の像(田野畑村民俗資料館前広場)、重茂の平和公園にある「平和観音」などのブロンズ像を残したのが重茂出身の彫刻家・吉川保正だ。
吉川は明治26年(1893)6月27日に中世の時代、豊間根から重茂に移り住んだと伝えられる荒川氏の家系である重茂里地区の吉川家の分家に生まれた。幼少の頃から絵が好きで、明治末期現在の盛岡一高の前身である盛岡中学へ進み後に、大正11年(1922)東京美術学校彫刻科を卒業した。卒業に際して制作した「自刻像」は文部省買い上げ第一席となりその実力を世に認められた。
戦後の動乱記と物資不足の時代を経て、昭和23(1948)年、重要美術品等調査員、県文化財専門委員、岩手短大教授、博物館専門委員などを歴任しながら多くの彫刻をはじめ屏風絵、襖絵などの絵画を残した。昭和30年(1955)頃から精力的にブロンズ像を制作した保正は、同54年(1979)、前段で紹介した重茂追切地区にある「うみねこと乙女」を制作。像はうみねことたわむれる少女をモチーフにしたもので、5年後の同59(1984)年2月4日に世を去った保正の遺作でもある。
チリ地震津波により根こそぎ建物を失った吉川家が新築された時、吉川保正は「新築祝いに絵を描いてやろう」と持ちかけ、昭和34(1959)年の夏に保正は約一ヵ月間重茂に滞在し周辺をデッサンして歩いた。そして保正は昼中海を散歩しながらイメージを膨らませ7枚の襖に去り行く夏の昼下がりを思わせる重茂漁港を描いた。絵は日本画の顔料が使われ磯舟で働く浜の人々、海水浴をする少年達などを独特のタッチで描き、防波堤の突端にはデッサンする保正自身の姿がある。
描かれた当時の重茂漁港は近年の漁港整備でその面影は変わったが、絵からは今も潮の香りが漂い、晩年盛岡で暮らしながらも故郷を忘れなかった保正の世界が伝わってくる。

この作品中ノ橋から見える旧川徳の水彩画は盛岡に住んでいた時の昭和30年代のものと思われます

額縁スレイタミあります

額の大きさ 52.5×41センチ

#吉川保正

商品情報

カテゴリ エンタメ/ホビー
› 美術品/アンティーク
› 絵画/タペストリー
サイズ なし
商品の状態 やや傷や汚れあり
配送料の負担 送料込
配送方法 かんたんラクマパック(ヤマト運輸)
発送日の目安 支払い後、1~2日で発送
発送元の地域 秋田県
WWW.CEDEA.UCHILE.CL RSS